本文へスキップ

自遊人工房は、遊び楽しめる人のための旅行会社です。

TEL. 03-5809-3540

〒101-0024 東京都千代田区神田和泉町2-18 美倉ビル2階

日程SCHEDULE

旅行の日程表となります。料金等はお見積りとなります。お気軽にお問い合わせください。

陶磁器の源、稲作の源 歴史探訪の他火6日間

日次 交通機関 都 市 時 間 日 程 内 容
航空機
専用車

日本各地
杭州

午前


日本各地空港〜中国国内乗継〜杭州[または直行便利用]
着後、ガイド出迎え〜宿泊ホテルへ
夕食は杭州名物「こじき鶏」をご賞味ください
【杭州 泊】
専用車







杭州
富陽
龍門古鎮

諸葛八卦村



蘭渓
午前



午後



ホテルにて朝食後、富陽へ(約1.5時間)
着後、呉の初代皇帝の故郷、龍門古鎮へ
孫氏祠堂、三孫堂、義門などを訪れます。
昼食は、龍門にて田舎料理。
昼食後、専用車にて諸葛八卦村へ(約1.5時間)
諸葛孔明の末裔が生活している村、諸葛八卦村を訪れます。
諸葛一族を祀る丞相祠堂天一堂雍睦堂などを訪れます。
夕食は、蘭渓にて地鶏などの郷土料理をご賞味ください
【蘭渓泊】
専用車

蘭渓
龍泉
午前
午後
朝食後、専用車にて南宋哥窯の故郷、龍泉へ(約3.5時間)
南宋時代陶磁器中心となっていた大窯青磁古窯遺跡、金村窯、青磁博物館をご見学
【龍泉泊】
専用車


龍泉
余姚

杭州
午前
午後

専用車にて余姚へ(約3.5時間)
着後、浙江省7千年の歴史を語っている河姆渡遺跡をご見学いただきます
見学後、杭州へ(約2時間)
【杭州泊】
専用車 杭州    終日、杭州市内見学
南宋官窯博物館、大逆流で有名な銭塘江を一望する六和塔、南宋時代の大詩人蘇東坡に「美人の湖」と称えられた西湖遊覧、西湖湖畔散策、西湖十景の一つ花港観魚、中国茶葉博物館、茶芸館にてティータイム、杭州老街の河坊街
【杭州泊】
専用車
航空機
杭州

日本各地
午前

宿泊ホテルより空港へ
杭州〜中国国内乗継地〜日本各地空港[または直行便利用]
空港着
龍門古鎮 龍門古鎮は富春江の南岸に位置しておりまして、東漢時代の文学家厳子陵がここを遊覧し、「山紫水明で、中原龍門にも勝る」と絶賛したことで龍門と名付けられました。
ここに住んでいるのは三国志で有名な呉の国の初代皇帝、孫権の末裔(まつえい)とされる人たち。
その証拠に、住民約7000人の9割の姓が「孫(そん)」だといいます
諸葛八卦村 浙江省金華市蘭渓市に位置する鎮。鎮内に諸葛亮(孔明)の孫の諸葛京の後裔と称する一族が多く住む諸葛八卦村があり、鎮の名はこれに由来します。
人口約4千人のうち、約8割が諸葛姓だと言われています。
龍泉窯 五代・北宋時代に越州窯の系譜を受け継いで青磁を焼き始めた窯で、南宋時代から盛んに良質の青磁を生産し、海外輸出も行われるようになりました。浙江省の龍泉県を中心とする地域一帯に分布し、五代・北宋時代の青磁は越州窯青磁に近い釉色を呈するが、南宋時代には粉青色の青磁を生産し、日本の鎌倉時代にも大量に輸入されています。宋時代、元時代に最盛期を迎えた龍泉窯は、明時代中期以降は景徳鎮窯の製品に需要が集中し、衰退していきましたが、青磁の生産は清時代に入っても続けられていました。

※大窯青磁古窯遺跡、金村窯の見学は、国家クラスの重点文化財に指定されているため、ご出発の
 1か月前までに浙江省文物局へ申請書類の提出が必要となり、見学許可を受けることが
 条件となります。
 河姆渡遺跡(かぼといせき) 河姆渡遺跡は新石器時代の遺跡で、寧波市から約20キロメートルの河姆渡鎮に位置します。面積は4万u。
1973年に発見され、発掘された文化財は7千件余りもありまして、現在、ここに河姆渡博物館が建設され、館内では7千年前の河姆渡人の生活模様が再現されています。
ここで稲のもみが大量に発見され、それらにより、先祖たちがここで稲の種を撒いて耕作されていたことが判りました。
                                                           写真はイメージとなります。
自遊人工房 Top Pageへ戻る

Copyright © jiyujin-kobo All Rights Reserved.